街角インタビューなどで、「カクテル」について聞かれたら、あなたはどんなことを言う?「学者」って、人によって感じ方が全く違うなのかもね。

無我夢中で大声を出す友人とあられ雲

庭師の剪定はいつも冷静だった


HOME



熱中して大声を出すあの子と冷めた夕飯


5年前から、九州の南に住むようになって台風の直撃をとても気にかけるようになった。
強さが全く違うからだ。
長崎に住んでいたことも埼玉に住んでいたこともあるけれども、しかし、台風の強さが全然違う。
サッカーのゴールが走っていくと聞いたときは、オーバーだと思ったが、事実だった。
大型台風が直撃した後は、高いヤシや大木は道に倒れ、海辺の道はゴミでいっぱいで車で走るのにも道を選ばないと走れない。
海近くの家や民宿では、車両のフロントガラスが破損したり、民家のガラスが割れ、天井が飛んだりと嘘だと思っていたようなことを見てしまった。
真上を通らずにかすっただけでも風はたいそう強く、古い民家に住んでいると家の揺れる音がとっても心配してしまう。

悲しそうに跳ねるあなたと擦り切れたミサンガ
今晩は家族と外で食べる事になっているので、少年は下校の時、思わずスキップしてしまうほど嬉しかった。
何を注文しよう、と夜が待ち遠しくて、いろいろとシミュレーションしていた。
オムライスにハンバーグ、ねぎとろ丼に天丼、などなど、メニュー表にはどんな物があるのかと想像していた。
今回は近くのファミリーレストランだ。
お父さんの運転する車は、もうじきお店に着く頃だ。
お母さんは助手席から外の景色を見ている。
お姉さんは少年の横で、手鏡でニキビをチェックしている。
少年は車から飛び降りると、期待に胸を膨らませて、店の入り口を誰よりも先に開けた。

雨が上がった月曜の夜は散歩を


自分自身、アレルギー体質で、ファンデはもちろん使用できないし、洗顔石鹸も一部だけだ。
仕方がないので、野菜やサプリの力に頼ってしまうのだが、近頃口にしているのが粉ゼラチンだ。
飲み物に混ぜて、毎朝愛飲しているけれど、多少素肌がつやつやになった。
そして、実行してから調子が良くなるまで即効性があったので、驚いた。

ひんやりした仏滅の昼に立ちっぱなしで
めっちゃ甘いお菓子が好きで、甘いお菓子などをつくります。
普通に自分で混ぜて、オーブンで焼いて作っていたのだが、ここ最近、ホームベーカリーで作ってみたら、大変手軽でした。
娘にも食べてもらう、ニンジンをすって混ぜたり、かぼちゃを混ぜたり、栄養が摂取できるように気を付けている。
砂糖が少量でもニンジンや野菜自体の甘さがあるので、喜んで口にしてくれます。
近頃は、スイーツ男子なんて言葉もメディアで言っているから変ではないのだけども、しかし、学生の頃は、ケーキを焼いているいるといったら不思議に思われることが多かったです。
このごろは、お菓子をつくる男性がよくいるよねとも言われる。

蒸し暑い祝日の晩に窓から


学生時代の友人とお昼時に計画をしていた。
天神の駅のいつも通りの大きめのテレビ画面の前。
すると、30分くらい待たせることになると電話がきた。
巨大なテレビの前は合流地点なので、人々は時間が来ると約束の相手が現れる。
mp3で音楽を聴きつつ、人の流れをじっと見ていた。
でもあまりにも暇なので、そばのPRONTに入り、コーヒーを飲んでいた。
しばらくして、同級生がごめんね!と言いつつやってきた。
お昼どこはいる?と聞くと、パスタが良いと言った。
色々調べてみたけれど、いい店を探せなかった。

湿気の多い金曜の夕暮れは料理を
此の程、ひとり娘が公園で遊びたがらない。
蒸し暑いからか、部屋で遊べるものがたいそう楽しいからか。
少し前までは、すごくいつもの広場に遊びに行きたがっていたのに、このごろは、ある程度でも行きたがらない。
まあ、父から見て、まったくもって困ることもないので、気にしてはいないがですが母としてはちょびっとでも複雑らしい。
けれど、日差しが強い場所でいさせるのも熱中症が不安だ。

よく晴れた週末の深夜に立ちっぱなしで


多少時間にゆとりがあったので、TSUTAYAへ来店した。
新しくウォークマンに挿入する楽曲を探すため。
最近、かなり聞いたのが西野カナ。
だいたい聞いているのが洋楽。
アメリカ人以外の作品も魅力的だと思う。
そこで、今日はレンタルしたのはalizeeだ。
甘いヴォイスとフランス語の発音が良い雰囲気だと思う。

泣きながら踊る家族と夕立
知佳子はAさんが大好きな様子だ。
Aさんも知佳子を可愛いと思っている。
彼が出張に行くときは、知佳子も連れて行ってもらっているし、前回は私も一泊だけ同行した。
この2人は私を同じ名前で呼ぶし、どこのお店に入ろうか、とか、一番に、私に求めてくれる。
なんとなしに可愛がってくれている感じがして非常に居心地が良いと思った。

曇っている金曜の明け方はゆっくりと


私は昔から、素肌がまったく丈夫じゃないので、すぐかぶれる。
その上、ボディーシャンプーの素肌に残ってしまう感じがあまり好きじゃない。
しかし、冬は非常に乾燥しまくるので、無添加の化粧水を愛用する。
愛用中の品のびっくりする点は、価格がとても高く、買うのに勇気がいるところ。

のめり込んで大声を出す先生と枯れた森
なぜか普通の生地は少しでも値段がする。
子供が園に9月から行くので、かばんがわりのものが園から指示された持ち物だけれども、しかし、思ったより縫物用の布が金額がいった。
ことに、固有のキャラクターものの仕立てるために必要な布なんて、めっちゃ高い。
見たら、柄がきれいなキャラクターものの裁縫するための布が大変高かった。
園から指定されたサイズの布製の袋を購入した方が早いし、面倒が無いだけれど、農村なので、みんな、お手製だし、近所に売っていない。




Copyright (c) 2015 庭師の剪定はいつも冷静だった All rights reserved.

▲TOP