インタビューなどで、「教え子」のことについて尋ねられたら、あなたはなんて言う?「カマイタチ」は、人それぞれで印象が全く違うなのかもしれない。

雨が上がった週末の午後はゆっくりと

庭師の剪定はいつも冷静だった


HOME



涼しい仏滅の夜にお菓子作り


過去に凄く太っていた時期に、絶対欠かさなかったのがシュガートーストだ。
しかも、夕飯の終わりに2枚くらい食べていた時期もあった。
さらに並行して、マッシュポテトにはまってしまい、肥満体型の世界へまっしぐらだった自分。
トライしたダイエット方法が無理のあるものばかりだ。
一つは、スープのみの食生活。
これは2週間程同じレシピのスープのみの食事だ。
職場にも水筒に作って持って行ったという徹底さ。
スープダイエットに断念して、葱を夜ごはんに置き換えるという痩身法。
全部、今では無謀。
その後、1年ほどかけて生活習慣を調えると、気付いたら半分くらいに。
とにかくコツコツとというのが間違いない。

雨が上がった平日の朝にシャワーを
喜んでもらえるプレゼントを決めなくてはと考えている。
記念日が近くて、嫁に喜ばれるプレゼントしたいとは言ってもめっちゃいいおくりものが決まらない。
嫁に何か手に入れたいものがあれば、話は早いが、ほとんど、物を欲しがる気持ちが存在しないので、喜びそうなものが考え付かない。
但し、秘密で喜ぶものを考えてびっくりさせたい。

無我夢中で熱弁するあなたと失くしたストラップ


出張に行くと、1週間ほど帰れない日々がある。
凄く、やる気はありだけれど、とても緊張しているので、3時間睡眠。
起きる時間の相当前に、眠いのに目が覚める。
しかし、終了後の達成感は素晴らしい。
真剣に遊びまくるし、眠れるし、食べる。

雲の無い金曜の午前は外へ
近くのスーパーマーケットで夕食の買い物をしていた。
冷食cornerポテトを探していた。
いろいろ見ていたら、韓国語で記載されている箱を見つけた。
良く見て確認すると、トッポギだった。
この夏、韓国まで遊びに行ったときに、何度も韓国を旅行している友人に勧められたのがトッポギ。
日本で冷凍食品として、あのトッポギが発売されてるなんて、純粋に驚いた。

悲しそうに泳ぐあの人と履きつぶした靴


名高い見学スポットになっている、斑鳩寺、つまり法隆寺へ足を運んだ。
法隆寺式の伽藍配置も思う存分見れて、立派な五重塔、講堂も見学できた。
資料館で、国宝指定されている玉虫厨子があり、思っていたよりも少しだけ小さかった。
この寺についてを知るにはきっと、膨大な時間を必要とするのではないかと感じる。

雹が降った休日の夜にお菓子作り
そんなに、ドラマは見ないほうだけど、このごろ、それでも、生きていくを見逃さずに視聴している。
殺人犯側の親兄弟と殺された小さな子の家族が出会ってというストーリーの流れで、通常は起こるはずがないストーリーだと思う。
被害者側の家族と犯人側の親兄弟のどちらの家族も不幸に包まれている様子が出されている。
流れの内容はめっちゃ暗いけれど、その分、映像の色づかいはきれいなようにされている。
花や自然の映像がとっても多く、牧歌的できれいな映像がすごく多く使われている。
これから、話がどうなっていくのか想像がつかないけれど、少しでも救いがある内容になっていたらいいなと思う。

目を閉じて跳ねる父さんと霧


蝉もおとなしくなった夏の夜。
少年は家の縁側に座り、スイカをかじっていた。
かじってはスイカの種を外に向けて吐いていると、ときどきタネが飛ばずに、自分の服に落ちる時もあった。
隣に置いたかとり線香の香りと、風の無い暑い夜、それから口いっぱいの西瓜。
少年はそれぞれを感じながら、残りの夏休みはどんなことして遊ぼうかな、と思っていた。

息絶え絶えでダンスする彼とわたし
晩酌などのお酒のお供に、ぜひ体に良い食材を!と考えている。
ロングヒットなお気に入りだったのは、キュウリ。
その前はまぐろ。
それから、最近は、湯葉だけれど、少々高めなのでそれも辞めた。
昨日、新しいメニューを発見した。
買い物に行けば100円しないくらいのエリンギ。
小さく切って、マーガリンで炒めて、味の素と塩コショウを少々ふりかけて整えたもの。
かなり料金は低め、カロリーも低い気がしませんか。

薄暗い火曜の晩に微笑んで


じっと見てしまうくらい素敵な人に会ったことがありますか?
昔一度だけ出会いました。
バスの中で20代後半くらいの女性。
女性の私ですが、ときめいてしまいました。
どれだけお手入れをしているか、という自分の努力もあると思います。
だけど、それ以外でにじみ出るオーラはおそらく存在しますよね。
日本には魅力的な方がたくさんいらっしゃるんだなーと感じました。

蒸し暑い週末の夜に散歩を
知佳子の家のベランダで育っているトマトは、かわいそうなトマトかもしれない。
枯れる直前まで水分をあげなかったり、実験でコーヒーをプレゼントしたり、OJを与えたり。
泥酔の私と彼女に、日本酒を飲まされたこともある。
育ての親である友達は、機会があれば好奇心でトマトジュースをあげてみたいらしい。
すでにミニトマトの気持ちは全く無視。




Copyright (c) 2015 庭師の剪定はいつも冷静だった All rights reserved.

▲TOP