毎日の日常の中で、「麦茶」のポジションって、どう思う?どうでもいいって言える?「兄ちゃん」は、あなたにとってなんの意味があるんだろう。

騒がしく口笛を吹く彼と俺

庭師の剪定はいつも冷静だった


HOME



風の無い週末の夕暮れは微笑んで


業務で身に着けるスーツスカートを選びに来た。
コムサでモード等フォーマルなお店も良いけれど、ギャル系のお店も良いと思う。
華やかでハキハキとした女性向けの服屋でピタッとした服が多い。
値段は店舗によっての違いがあるのはもちろんだが、なんとなく安価。
そこで、購入する物を選んでいたが、細身の物が多く取り扱われていた。
着用後、ちょっとは色っぽく見える気がする。
良いスーツ購入ができて、ちょっと満足感があった。

夢中で大声を出す母さんとファミレス
手を出せば、ものにするまでに時間を要するものが、日本中に数多くある。
代名詞は、外国語の習得ではないかと思う。
と思っていたが、隣国で使用される韓国語は、例外ともいえるようで、日本語と語順が同じ、実は発音も似ているので、わりと習得が早いとか。
しばらく韓国語を学んだ友人の明日香は、今から始めてもわりと学びやすいのでお勧めだよとのこと。
少しだけ憧れたけれどどう考えても韓国語の文字は暗号にしか見れない。

陽の見えない日曜の午前は歩いてみる


江國香織の話に登場する女の人は、陰と陽を持っていると思う。
結婚していて、他の男性と恋愛することを悪としない。
恋の一種ではあるが、本当に好きなのは別のただ一人。
なんて女性が多々いるような気がしませんか。
不倫を陰だと考えれば、本命は陽。
突然スイッチが入ったように陰が出てくる。
不倫に対する価値観はシカトして、その物語の主人公をしっかりみつめる。
私の中に新たな恋や価値観が姿を見せることもたまにある。

じめじめした火曜の日没に足を伸ばして
カメラ自体、実に好きだけれど、また別格と言うくらい気に入っているのがトイカメだ。
4000円払えば単純なトイカメラが気軽に手に入るし、SDカードがあればパソコンでもすぐに見れる。
真実味や、その瞬間をシャッターに収めたいなら、ピント調節ができるカメラが向いていると、思う。
けれど、漂う空気や季節感を撮りたいときには、トイカメラには他の何にも負けないと思う。

騒がしく歌うあの人とわたし


山梨県は、果物大国と言われているほど果物栽培が行われている。
日本でなかなか無い内陸国で富士山などの山に囲まれている。
ということから、漁業もできなければ、稲作も全然盛んではない。
そこで、現在の山梨県を仕切っていたあの柳沢吉保が果物の栽培を推進したのだ。
他県に負けない名産が欲しかったんだと思う。
大きな盆地の、水はけのよさと、山国ならではの昼夜の寒暖の差が、みずみずしい果物を実らせる。

怒ってダンスする友達と夕焼け
人によって、嗜好や気になるものが存在すると思っているけれど、どんなものか聞いてみるのが大好き。
仲のいい子に質問してみたところ、お金、良い生地の洋服、彼氏の事が好きとの事。
そして、異性の血管の見える手の甲。
最後に、スペイン語のひびき。
自分にはピントこない。
屋台のリンゴ飴、素肌に直接ニット、軽い香水、声の高い男女が好きだと、伝えた。
同じく理解できないとの事だった。
まさにこれは、フェチという分野らしい。

気どりながら自転車をこぐ母さんとぬるいビール


ふつう、なるべく大人しめのコーディネイトで出歩く私は、もちろんビビられるけど。
キャミや定期入れや時計まで揃い、全部使いたいと思えば破産しそうだ。
それでも、ファッションは辞められない。

ゆったりと踊る兄さんと読みかけの本
都内でも古くから有名な下町が、隅田川に近い浅草。
中でもよく知られている仏様が浅草寺だ。
まさにここ最近、参拝に行った。
久しく行く台東区浅草参拝。
改めて、自分自身の目で正しく直視し理解したのが、外国からのツーリストがたくさんいるという事実。
世界中より旅行客が来るここ浅草、ちょっと以前よりどのように見ても増えた。
というのは、世界で一番の電波塔、スカイツリー完成の関係もあると考えられる。
アジア諸国からは、新東京国際空港ハブ化によって便が良いという事から、プラス、ヨーロッパ方面や欧米からは、着物や和装小物に魅力を感じ来ているお客様が多いのかもしれない。
とにもかくにも、この先も多くの外国人観光客が、来るということを予想した。
日本の素晴らしさを見つけぜひ楽しんで心に残る記念にして欲しい。
一方の私は、仲見世通りを思いっきり観光することができた。
お土産として名物の人形焼と、雷おこしをたくさん購入して、足袋や木刀も見せてもらった。
宝蔵門を通過すると、威厳のある浅草寺本堂が見えてくる。
この瓦屋根は雨に濡れてもさびにくいチタンを使用し、改修工事を行ったそう。
秘仏である観音様に日々の健康に感謝しご参拝した
今年の成果が、これからの未来で表れますように。

蒸し暑い金曜の夜はお酒を


近頃、お腹周りのぜい肉を筋肉にと考え腹筋をしている。
小さな娘を自分のお腹にしがみつかせて数を数えながら筋トレをしたら、わが子とのふれあいにもなるし、子供も数字を習得するし、俺のぜい肉も減少するし、好都合だと考えていたけれど、最初は、喜んでいたわが子も嫌になったのかやらなくなってしまった。

気どりながら歌う兄さんとわたし
オフィスで出会ったOLさんがいる。
変わった方で、その話がいつも興味深かった。
おまけに彼女は資格大好きだということ。
ベビーシッターの免許、スキューバーの資格、インテリアコーディネイター。
観光英語検定1級、漢字検定準1級、元スッチー。
公認会計士まで受かったと聞いたような。
さすがにこのことを幼馴染に話してみたところ、あなたの聞き間違いだと思う、など言われたけれど。
彼女は、30歳年上の部長と職場結婚で寿退社していった。




Copyright (c) 2015 庭師の剪定はいつも冷静だった All rights reserved.

▲TOP