「ドラマ」について本や論文を書く事になったら、どんなことを書く?「食欲」の一般的な解説なんかかな。もしくは、個人的な視点からの意見かな。

勢いで跳ねる友人と暑い日差し

庭師の剪定はいつも冷静だった


HOME



ぽかぽかした金曜の昼に想い出に浸る


結構遠い昔に見た合作映画が、ビフォアサンライズで、日本名は恋人までの距離というものだ。
母に、「とてもいい作品」とプッシュされた合作映画だ。
旅の帰りの電車の中で初めて会ったアメリカ出身の、イーサン・ホーク演じるジェシーと、フランス出身のセリーヌで、少しだけウィーンを歩き回るストーリー。
この内容の面白いのは、これといったハプニングとか起承転結の点の部分が見えない部分。
出会ってすぐという男女が、恋愛観や生き方なんかに関してひたむきに意見を言い合う。
まだ14歳だった私は、経験不足で子どもで、なんとなく見過ごしたストーリーだった。
しかし、先日、偶然DVD屋さんにて目に留まり、これはまさかと思い借りて、観賞したところ超感銘を受けた。
中でも、レコード屋でKATH BLOOMのCOME HEREを聞きながら、視線を投げあうところ。
ジェシーとセリーヌの帰国の時、要は、お別れの時、そこでクライマックスを迎える。
見た時は心に響かなかったこの作品、期間をおいて見てみると、すこし違った見方ができるのかもしれない。
とりあえず、2人がレコードショップで聞いていたアルバムを、ツタヤより見つけて聞いてる最中。

陽気に叫ぶ母さんとぬるいビール
社員で就いていた時の大好きな先輩は、社長の娘で、これぞセレブそのものだった。
小さな体で素直でハイテンションで、動物愛護の先輩。
動物愛護サークルなど立ち上げて、そこそこ運動をしているようだった。
毛皮反対、ビーガン、動物実験反対。
一度ご実家に訪れたことがあった。
高級住宅地にある上等なマンションで、レインボーブリッジが見えた。
その先輩、人懐っこくてきれいなシャムネコと一緒に住んでいた。

寒い大安の朝は椅子に座る


南九州の高齢の主婦の方は、その日その日、生花をお墓になさっているから、ゆえに、生花が豊富に必要で、生花農家も山ほどいる。
夜、マイカーで飛ばしていると、菊の栽培のライトがいつも夜、マイカーで飛ばしていると、菊の栽培のライトがいつも目に入る。
住家のライトは非常に少ない農村だけれど、菊の為の明かりは何かにつけ目にとびこむ。
電照菊ライトはちょくちょく目撃しても人の往来はものすごくほんの少しで街灯の明かりも非常に少なく、警戒が必要なので、高校生など、JRの駅まで送り迎えしてもらっている学生ばかりだ。

よく晴れた水曜の夕暮れに座ったままで
宿泊に行きたくて仕方がなかった場所、それは真鶴半島だ。
ここを知ったのは「真鶴」というタイトルの川上弘美の作品。
内容が深く、私の未完成な頭では、いまだに深い理解はしていない。
しかし、本の中の真鶴地方の様子が好きで、まだ見ぬ地に憧れていた。
静岡県の、神奈川県小田原市の真ん中に位置する所が真鶴。
半島の先が真鶴岬。
真鶴岬の少し先、海面から見えているのは三ツ岩という石が3つ。
一番大きな岩の上には鳥居があって、潮が引くと歩いて渡れる。
思いかなって、本物の景色を見ることができた。
私のデジタル一眼の中身は真鶴がいっぱい。
小さな宿のお兄さんにまた来たいと話すと喜んでくれた。

気分良くお喋りする君と擦り切れたミサンガ


今日は少年は、小学校の給食当番だった。
マスクと帽子を着け、白い割烹着を着て、他の給食係のみんなと、今日の給食を取りに行った。
今日の主食は、お米ではなくパンだった。
バケツみたいに大きな蓋付きの鍋に入ったシチューなんかも。
少年は、一番重い牛乳は、男の子が運ぶべきだろう、と思っていた。
クラス皆の分だから38本ある。
だから自分が、バットに入った38本の牛乳を持ったけれど、同じ給食当番のフーコちゃんが一緒に持って運んでくれた。
牛乳は重いので女の子には持たせたくなかったけれど、同じクラスでのアイドル・フーコちゃんと教室まで一緒に歩ける、と思った少年は、ちょっとドキドキしながら、何も言わずに2人で牛乳を運ぶ事にした。

悲しそうに大声を出す兄さんと読みかけの本
随分久しぶりの外での仕事の時、初めて仕事で組んだAさんという男性は、体格のいい先輩だ。
一番初めに会った時以降近寄りがたく、プラーベートな会話はまったくできなかった。
その際、何気なくAさんの半袖になった太い腕をみて驚いた!
大粒のパワーストーンブレスレット10個以上つけられていたから。
気付いたら、天然石好きなんですね!と出てしまったくらい。
するとAさんは得意げで、いきなり笑顔で、それぞれのストーンの名前紹介してくれた。

目を閉じて歌う家族とよく冷えたビール


向かいのご主人が昨日朝から釣りに行ったらしいが、少ししか釣れなかったらしい。
小魚があきれるほどいて、チヌ釣りがやりにくかったらしい。
けれども大物のの40cm近くがあげれたらしいから、うらやましい。
昨年、わけてもらってすぐに口にしたがめちゃめちゃ美味だった。
そんなのがいると知ったら釣りに行きたくなるが、今すぐというわけにはいかないので今度だ。

前のめりでダンスする母さんと電子レンジ
タバコは健康に害がある。
など、指摘されても吸ってしまうものらしい。
新入社員の頃、仕事の関係で紹介していただいたIT企業の重役の年配の方。
「私が病気一つしないのは煙と焼酎の力です」と堂々と話していた。
胸を張って聞かされると出来ない脱ニコチンは無しでもOKかも・・・と感じる。

息絶え絶えでお喋りする君と季節はずれの雪


ネットでニュースをいつも眺めるけど、紙の媒体を見ることも前は好きだった。
現在は、費用がかからないで見れるインターネットニュースがたくさんあるので、新聞はお金がかかりもったいなくて買わなくなった。
ただ、読み慣れていたから、新聞のほうが少しの時間でたくさんの内容を得ることができていたけれど、インターネットニュースのほうが関連したニュースをおっていくことが出来るので、深い内容まで調べやすいことはある。
一般的なニュースからつながりのある深いところまで調べやすいけれど、受けなさそうな情報も新聞はちょっとした場所に小さくてものせているから目に入るけれど、ネットだと自分でそこまでいかなければ目につかない。
最近では、米国の債務不履行になるという話題が目につく。
デフォルトになるわけないと思うけれど、もしなったら、他の国ももちろん影響を受けるし、そうなれば、自分の収入にも関係してくるだろうから気になってしまう。

寒い仏滅の朝にシャワーを
友人が、マンションのベランダで、トマトを作っている。
実ったら野菜サラダを作ってみたいらしい。
育てているとは言うものの、マメに水も肥料も与えないし、ベランダでタバコをふかすので、彼女のトマトの生活環境は少しも良くない。
丸2日、水をあげてないと言う時期の、その様子は、緑色の葉がだらりとしていて、人間ががっかりしている姿に激似だ。
可哀想になったので、水と肥料をたくさんあげると、翌日の朝のトマトは陽気に復活していた。




Copyright (c) 2015 庭師の剪定はいつも冷静だった All rights reserved.

▲TOP