「コロッケ」について本を書く事になったら、どのようなことを調べる?「子供」の成り立ちなんかだろうか。もしくは、個人的な考え方からくる見解だろうか。

風の無い月曜の夜明けは足を伸ばして

庭師の剪定はいつも冷静だった


HOME



風の強い大安の深夜にカクテルを


このごろは、近くの海に釣りに行ってない。
毎日すごく過密スケジュール出かけられないのもあるが、しかし、すごく暑くてきついから、出かけづらいのもあることはある。
それに加え、休憩中にいつもの場所を見ていても大物が釣れている様子が全くないから、すぐに出かけたいとは寂しいが思えない。
めちゃめちゃうんと見えるくらいだったら出かけたくなると思う。

目を閉じて話す兄弟と季節はずれの雪
甘いおやつがめっちゃ好きで、洋菓子やようかんなどを自分でつくるけれど、娘が大きくなって作るおやつが限られた。
私たち親がとても楽しみながら食べていたら、子供がいっしょに欲しがることは当然なので娘も食べてもいいおやつを私がつくる。
自分は、激甘なケーキがすごく好きだったけれど、しかし、子供にはチョコ系などはまだ食べさせたくないのでつくりたくてもつくれない。
ニンジンやリンゴをいれたバウンドケーキが栄養的にもいいと考えているので、砂糖とバターをひかえてつくる。
笑った顔でうまいと言ってくれたら、ものすごくつくりがいがあるし、またつくろうと思う。
ここ最近、ホームベーカリーも使用してつくったりする。
そうしたら、簡単だった。
いつもは、自分で一生懸命混ぜるけれど、ホームベーカリーは、混ぜてくれるし簡単だ。

蒸し暑い金曜の午前に外へ


某芸能人がいきなり引退したことによって、ネットやニュースで一杯報道しているが、ものすごくすごいですね。
次々と変わる総理大臣がどなたになるかという話より報道でも順序が速かった。
どのような政治家が総理大臣になろうが変化しないと考える人もたいそう多いですし、それより、ゴールデンでよくみる司会者が芸能界をびっくりするほど突然引退というほうが影響がでそうなんですかね。

ゆったりとダンスする兄さんと冷たい肉まん
少年はとてもお腹が空いていた。
もうすぐ夏休みという時期、学校から元気よく帰っている時だった。
蝉もうるさく鳴いている。
日差しは強く、夕方にもかかわらず、いまだお日様は低くなかった。
少年は汗をかきつつ一人で歩いていた。
友達と一緒に帰るときも多いが、今日はあまりにもお腹が空いていたから、急いで帰ってとにかく何か食べたかった。
少年が食べようと思っているのは、昨晩のカレーの残り。
昨日のカレーは、まだ鍋に多少は残っていた気がする。
ご飯もおそらく、冷や飯が冷蔵庫にあったはず。
少年はカレーを食べる自分を思い浮かべて、早足で家へ向かった。
すると、汗が一段と流れ出した。

騒がしくお喋りする友人と失くしたストラップ


なぜか情緒不安定な精神に浸ってしまい、何をしていても切なくなった。
特定の訳はなく、突然悲しくなったり、すべてが無駄なことに思えた。
そんな感じになっていても、外に出る仕事が舞い込んだ。
コンテンツはそこそこ大きな野外の催しで結構立派な案件だった。
このままでは良くないので切り替えて真剣になっているうちにカラリと楽観的な気分戻ってきた。
そういえば、あの時は明るい時間帯に陽の光を浴びたりしなかったんじゃないか。
夜型にならないで外出することも良い事かもしれないと思う。

息もつかさずお喋りする子供と飛行機雲
知佳子とNYのアバクロンビー&フィッチに行った。
2人ともここのセレブっぽいコーデがお気に入り。
それに、店内の空間デザインと、満ちている香りが。
3時間程みて、Abercrombie & Fitchを後にした。
知佳子に言われて、私は道を占領して、通れない人が後ろにいたので、ごめんなさい!と言って振り返る。
そういえば、店員さんだと思っていた男の人。
笑顔で、いえいえ、など言っていた。
驚いたのは、その荷物。
アバクロンビーでどんだけ購入したの?と聞きたくなった。
そして、スターバックスでチカコとそのお兄さんの収入予測で話が弾んだ。
ANSWERは永遠のなぞだ。

陽気に走る彼女と季節はずれの雪


息子がマルモダンスをおどっている。
教えたわけではないけれど、2歳なのに頑張って踊っている。
映像の中でマルモのメロディが流れると、録画映像を見たがって泣く。
録画したものを見せると止まることなくずっと見続けている。
母親としては、テレビの映像を見てばかりより絵本を読んだり、おもちゃで体を使って遊んだりしているのがいいのだけれど、忙しい時はテレビなどにたよってしまう。
少しでも、遊んであげたり、絵本を読んであげたりしようと思う。
大きくなったら絶対に巣立っていくものだから、今のうちにいっしょに遊んでおくのも私たちの為でもある。

どしゃ降りの大安の午前に外へ
お盆やすみでも家元から外れて暮らしているとあまり実感することがないが、少なくとも、供え物くらいはと思い実家へ買って送った。
里に住んでいたら、線香を持って祖先の歓迎に出向いて、お盆やすみの最後にお見送りにおもむくのだが、別れて定住しているので、そういうふうにすることもない。
ご近所の方々は、線香を持って墓前に行っている。
そのような状況が目につく。
常時より墓所の前には多くの乗用車がとまっていて、お参りの人もすごくたくさん視野にはいってくる。

月が見える土曜の深夜は窓から


鹿児島市に定住してみて、お墓に日ごとに、献花をやっている人が多人数なことに驚いた。
老齢の女性は、いつも毎日、霊前に切り花をやっていないと、周りの人の目が不安らしい。
その日その日、献花をあげるので、毎月のお花代もとてもばかにならないらしい。
その日その日、近所の50〜60代の女性は墓に集まって花をあげながら、歓談もしていて、墓所の不気味な空気はなく、あたかも、騒がしい児童公園のように明るい空気だ。

湿気の多い仏滅の日没は料理を
今年の夏は、海に行っていないが、都合がつけばすごく行きたい。
現在、娘が幼いので、波打ち際でちょっと遊ぶぐらいとは言っても、絶対笑ってくれるだろう。
だが、娘は、オムツをはいているゆえに、海水客の事を考えたら海水に入れないのがいいと思う。
オムツのプール用もあるが、ちょっとした問題になっているらしいので。




Copyright (c) 2015 庭師の剪定はいつも冷静だった All rights reserved.

▲TOP